資本金の決め方

会社設立にあたって資本金はもっとも重要なお金であり、これをもとに運営をスタートさせますから、どれくらい準備するのが適切なのかきちんと協議して決めてください。
そこで今回は資本金の決め方についてお話していきますから、これから会社設立を検討している人は参考にしてほしいと思います。

まず株式会社を設立する経営者がほとんどだと思いますが、株式会社の場合、資本金以外にも会社設立費用が200,000円〜240,000円程度かかります。
このほかで資本金を準備する必要がありますので、忘れないようにしてください。

それでは資本金を決めるときにポイントを紹介すると、まずひとつめは先を見据えた金額設定をすることで、資本金は目安として会社スタートから3か月間〜半年程度の運営資金を賄えるだけの金額が適切だと言われています。
と言うのも新規企業ははじめから経営がうまくいくわけではありませんし、軌道に乗るまでは赤字が出てしまうことのほうが多いですから、その時点で資金が尽きてしまっては元も子もありません。
したがって安定した運営をするためにも余裕のある資金を準備しておき、安心して働ける環境づくりをすることが大切なのです。

さらに法人にかかる消費税は資本金の金額によって最大で2年間免除になる制度があり、これは新規企業で資本金が1,000万円以下であれば適用されます。
ですからもし1,000万円前後の資本金を準備する予定がある場合、消費税免除を受けられるほうが何かとお得になりますので、意図的に1,000万円以下の資本金を設定するところも多いです。
ただ消費税の免除を優先して無理な資本金の設定をしてしまうと後々失敗してしまう可能性もありますから、事業内容や取引先となる企業との兼ね合いも見ながら設定してください。
また、許認可が必要な業種の中には資本金の最低金額を設けているものもあって、たとえば人材派遣会社は最低でも2,000万円の資本金が必要になります。