会社設立での資本金の払込

会社設立

会社設立では資本金の用意が必須で、登記の前にこれの払込をやらないといけません。
このときに知っておきたいポイントをご紹介しましょう。
まずはこれをやるタイミングについてです。
資本金の払込は会社設立の手続きの順番をよく見て行ってください。

株式会社設立の場合なら公証役場で定款の認証が終わったあとが最適です。
これより以前に払込をやるのはあまりおすすめではありません。
なぜかというと、会社設立の手順がそのようになっているためです。
資本金の払込はいつでもいいわけではなく、公証役場での手続きが終わったあとでやるとされるのが一般的です。

もしこの順番が前後した場合はどうなるかというと、実は問題になることがあります。
株式会社の設立の最後の手続きとなる登記では、資本金の払込を証明する書類として通帳のコピーを用意します。
実際に払込がされたページのコピーを見るとその日付がわかるのです。
そして定款の認証がされた日付もわかりますから、それよりも前の段階で資本金が払込されているとNGとなる場合があるのです。

これはなぜかというと、その振込が本当に資本金の払込なのか判断できないからだと言われています。
株式会社設立の手順として定款の認証が終わったあとに資本金は払込するため、それより前の段階の振込はそれが資本金なのか別のお金なのか判断がつかないというわけです。
日常的な感覚でいうと少し厳しく感じるかもしれませんが、会社設立の手続きではこのような厳格な対応をされることもありますから、手順通り資本金の払込は定款認証が終わってからやるといいでしょう。

次に資本金の払込の方法です。
これは誰かに支払うのではなく、自分が用意した口座に振込をします。
これで資本金の払込ができたことになるのです。

これに使える口座とはどんなものかというと、特殊なものでなくてもOKです。
自分が持っている銀行口座などで問題ありません。
資本金の払込というと法人用口座が向いていると思われがちですが、まだ会社ができていないこの段階では法人用口座が作れないのです。

そのため資本金の払込に使う口座は発起人個人のもので問題ありません。
そのほか特に強い指定もないため、もともと自分が持っている銀行口座などが活用される例が多いですね。

注意点としては資本金の払込を証明するために通帳のコピーを取る必要がありますから、できれば通帳のある口座を利用するのがおすすめです。
通帳を発行しないネットバンクなど活用すると資本金の払込の証明が難しくなることがあります。
会社設立で資本金の払込をするときはこれらポイントをおさえるといいでしょう。