保険加入について

会社設立にあたって必ず覚えておかなければならないことのひとつに保険加入に関することがあげられます。
保険加入は株式会社だけでなくすべての法人が義務付けられているので、会社設立するすべての経営者が保険とは何か知っておかなければなりません。
そこで今回は社会保険とはどんなものなのか説明していきますので参考にしてください。

まずはじめに社会保険とひと言で言っても大きく分けて5種類ありますから、ひとつずつ特徴を説明していきましょう。
ひとつめは健康保険で、保険と言えばこれをイメージする人も多いと思いますが、健康保険とは文字通り働く人の健康を守るためにある保険で、病院などで治療を受けるときに3割負担してもらえる制度のことです。
病院へ行くと必ず健康保険証を提示しますが、これが健康保険を利用するために必要になるものです。

次に企業に勤めている人や公務員の人が加入する年金制度に厚生年金というものがありますが、これも社会保険の一種で、社会保険料によって年金を支払うことになります。
つまり企業に勤めていたり公務員をしている人は給料から自動的に保険料が引かれているので自分から納める必要はありません。

さらに万が一仕事中に怪我をしてしまったり病気になってしまった場合に適用される労災保険というものもあって、これは就業中だけでなく通勤中も適用されます。
もし障害が残ってしまったり死亡してしまったときにも当然適用されます。

また失業してしまったときに一定期間の収入を保証する雇用保険という制度もあって、これは離職した翌日から1年間の生活を保障し再就職を支援するために設けられています。
最後に介護保険も社会保険にはあって、これは40歳以上になると加入義務が生じますので覚えておきましょう。

このように社会保険は働く人を守るためにいろいろなサポートをしてくれるものです。
会社設立時に社会保険の申請をするなら専門家と相談しながら進めていくとスムーズです。