株式会社設立にかかる費用

会社設立と言えば株式会社を選択する人がほとんどですが、株式会社を設立するためにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?
現在会社法では株式会社に資本金の設定を求めておりませんので、1円の資本金で立ち上げることも可能ですが現実的に考えてそれは難しいことです。
なぜなら会社設立にあたって必要になるものを購入しなければなりませんし、会社を運営していく費用も必要になるからです。

たとえば会社で使用するデスクや椅子、パソコン、コピー機、棚などの備品やオフィスを借りる場合はその契約料や賃料も必要になりますし、インターネットに接続するための回線工事費用もかかります。
また会社で移動する場合車が必要になるところもあるでしょうし、それだけでもかなりの金額になることは予想できます。
さらに会社設立にあたって手続きをしなければなりませんから、そこにも費用がかかります。

株式会社を設立する場合、まず定款よ呼ばれる書類を作成しなければならないのですが、ここには会社名・会社の所在地・事業内容といった基本事項に会社の組織図となる機関設計、資本金などを記載していきます。
この定款の作成は公証人にやってもらう場合手数料が40,000円必要になります。
最近では電子定款と言って無料で作ることも可能ですが、そのためには専用のソフトを導入しなければならなかったり専門的な知識も必要になりますので専門家へ依頼することがほとんどです。
そうなると公証人手数料の代わりにそこへお金がかかります。

そして定款が出来上がったら公証役場で認証手続きをしなければならず、その際に印紙代40,000円がかかります。
定款の認証が終わり資本金の払い込みをしたら登記申請を行いますが、その際にも登録免許税として150,000円が必要になります。
したがって株式会社を設立するためには手続きだけでおよそ200,000円〜240,000円程度かかりますので覚えておきましょう。